ピルで性欲低下は本当?

ピルと薬局の閉店と原料の安全性

薬局やドラッグストアが閉店してしまうとピルなどを処方されても受け取ることができないのですが、首都圏の場合には薬局の数が非常に多いので閉店をしてもあまり問題がありません。しかし地方の場合は近くの薬局が閉店してしまうと薬の受け取りが難しいためにピルなどをネットを利用して購入する女性が増えてしまいます。ピルをネットで購入するときに気を付けなければならないことは、原料が本物であるかどうかで、インドなどで製造されているジェネリック医薬品の場合は偽物が販売されていることもあるので、原料をしっかりと確認して、信頼できる販売店で購入をすることが必要です。原料が異なっていたり、偽薬が定められている数以上に含まれているとピルの効果がなくなるので、避妊しているつもりでも実際にはできていない場合もあります。またホルモンバランスが崩れるのでピルの副作用の不正出血などが起きることもあります。ネットでピルを購入する場合にはマニュアルなどが提示されているサイトで購入することが望ましく、詳しい副作用に関する情報などがない場合は信頼性が低いと判断する必要があります。避妊を目的として処方を受ける場合には喫煙をしていないなどの条件があるので、医療機関によっては基準を満たさないことを理由に処方を断られることがあります。その場合にはネットでの購入となりますが、タバコをやめないままピルの服用を継続していると、血栓症のリスクが高まるので注意をしなければなりません。またピルは服用を中止してから再度服用をすると血栓症のリスクが上昇するとされているので、医師による適切なアドバイスを受けてから服用することで安全性を確保することができます。