ピルで性欲低下は本当?

月経不順の改善にお勧めジェネリックのピル

月経不順に悩んでいる女性は、少なくありません。
不順だと様々な予定が立てにくいという事もありますし、何より不妊の原因となってしまいます。
月経不順を引き起こす原因は、ストレスや過度なダイエット、また女性ホルモンバランスの乱れなどと言われています。

たかが月経不順と軽く考えず、クリニックでしっかり治療を受ける事が大切です。
月経不順の治療として、現在ポピュラーに行われているのが「ピル」の服用です。
ピルといえば避妊薬としてのイメージが定着していますが、女性ホルモンに作用する事から、月経のトラブルの治療にも幅広く用いられています。

ピルにはエストロゲンとプロゲステロンという、2種類の人工的な女性ホルモンが含まれています。
正しく服用する事で、女性ホルモンに作用し月経の不順を改善する効果が期待できます。

ピルは21日間服用し、その後7日間休薬するタイプと21日飲み続け、後の7日間は疑似薬を服用するタイプの2種類があり、どちらも21日間服用した後、ピルを飲む事を止めれば生理となる点が特徴です。

生理の周期が正しい28日周期に改善される為、月経が不順になっている女性に、ピルは処方されています。
最近はジェネリックも登場しているので、より手に取りやすいでしょう。
ジェネリックとは新薬と同じ作用を持つ、医薬品の事です。
新薬は開発費などに膨大な費用がかかっている為、どうしても費用は高くなりがちです。

ジェネリックは新薬と同じ成分・効果があるにも関わらず、開発費が新薬よりも少ない為、お安く購入できるのです。

ピルは毎日飲んで、効果を発揮する薬です。
ですので、リーズナブルなジェネリック医薬品なら、気軽に購入できるでしょう。