ピルで性欲低下は本当?

7日で生理が来る場合のピル服用と更年期に対する効果

ピルの服用方法は生理が始まってから服用を始めて、あと7日で生理が来る時点で服用を完了します。更年期障害などの治療のためにピルを服用している場合も同様の服用方法なのですが、生理がすでに来ない場合には医師の指導に従って服用することが重要です。更年期障害は40代以降の女性に症状が出るのですが、ピルを服用することによって症状を抑えることができるので、精神的な不快感などが改善されます。ピルの使用に関しては医師や薬剤師の指導のもとで適切に服用することが大切なのですが、ネット通販で入手した場合にはマニュアルなどを参考にして正しい使用法を身につけるしかありません。更年期障害は女性ホルモンの減少によって、相対的に男性ホルモンの値が上昇することが原因なので、交感神経が過敏になるなどの様々な症状が引き起こされます。ピルによって女性ホルモンを補うことで神経過敏症などが改善されるので、精神的にも安定した毎日が送れるようになります。更年期は誰にでもあり、最近では男性にもあるとされています。男性の場合には男性ホルモンの分泌が減少することで、精神的に不安定になったり、性的な欲求が減少するなどの症状があらわれます。男性ホルモンの分泌が減少した場合には筋力トレーニングなどを行うことで分泌を促すことができるのですが、女性の場合には豆腐などの食物によって女性ホルモンの量を増やすしか方法はありません。ピルは低用量の場合には危険性が少ないとされていて、副作用なども少ないのですが、体質にあわない場合には浮腫やだるさなどの症状が出ることもあるので、婦人科の医師などに相談をして体質にあった低用量ピルの処方を受けると、快適な毎日が送れるようになります。